エコだけでなくMOTTAINAIモノあまた集めました
by mottainai-amata
カテゴリ
ライフログ
タグ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
*あまたのスケジュール*
*自家焙煎コーヒーカダナさん
イベント〜珈琲屋さんで知的探訪
*2012年*
『山陰文化手仕事のおはなし』
2月19日(日)12:30〜15:30
ご当地ランチとコーヒー付き


『シーサイド近畿文化手仕事のおはなし』
今回のお題“灘五郷”“堺と茶文化と千利休”
“和歌山根来塗”
6月17日(日)12:30〜15:30
ご当地ランチと郷土食の試食試飲など


『近畿の奥座敷手仕事のおはなし』
今回のお題“奈良彫刻(仏像)”“六古窯 信楽・伊賀焼”“京の和菓子と焼物意匠”
10月14日(日)12:30〜15:30
ご当地ランチと郷土食の試食試飲など

*2013年*
『10th 北陸地方手仕事のおはなし』
今回のお題“金沢古九谷焼”“越前竹人形”“鯖江の眼鏡”
2月17日(日)12:30〜15:30
ご当地ランチと郷土食の試食試飲など

『東海道手仕事のおはなし』
今回のお題“瀬戸・美濃焼”“静岡お茶所”“東海道個性溢れる博物館・美術館名所”
6月16日(日)12:30〜15:30

『中山道手仕事のおはなし』
今回のお題"長野県 松本民芸家具・長野県、山梨県 ワイン・新潟県 佐渡島"
12月1日 (日) 12:30~15:30


*2014*
『東京手仕事のおはなし』
神奈川・東京・千葉エリア
今回のお題「櫛・簪と江戸のおしゃれ」
「日本初めて物語」(神奈川県横浜市)
6月15日(日) 12:30~15:30

『北関東手仕事のおはなし』
埼玉・栃木・群馬・茨城エリア今回のお題「益子・笠間焼」「川越小江戸の町並み」11月30日(日) 12:30〜15:30


*2014年*あまたの会*
*第119回 あまたの会h
『町家で英会話cafe34』
1月18日(土) 18:00~19:30

*番外編 『書・コトハジメ』
1月25日(土) 14:00~16:00 書き初め体験

*第120回 あまたの会
『町家で英会話cafe35』
2月22日(土) 18:00~19:30

*第121回 あまたの会
『金箔貼り教室』~キャンドルポットとトレーのset
2月23日(日) 14:00~16:00

*あまたの会 番外編『書・コトハジメ』
3月15日(土)14:00~16:00

*第122回 あまたの会
『町家で英会話cafe36回』
3月22日(土)18:00~19:30

*第123回 あまたの会
『カダナコーヒー教室』
~モカでもキリマンジャロでもないアフリカの一品~
3月21日 (祝) 14:00~16:00

*第124回 あまたの会
『銘酒会 八海山醸造』
新潟県魚沼市のくらしと郷土食を、営業部森氏より
ご紹介致します。プロデュース「タキモト名酒館」新谷氏。代表酒八海山と、コシヒカリ、酒粕漬けなど試飲、試食会。
4月5日(土)18:00~20:00ころ

*あまたの会番外編『書・コトハジメ』
4月26日(土)14:00~16:00

*第125回 あまたの会『町家で英会話cafe37』
4月26日(土)18:00~19:30

*あまたの会番外編『書・コトハジメ』
5月17日(土) 14:00~16:00

*第126回 あまたの会『陶芸教室~色絵付け編~』
九谷焼女性陶芸家に習って、オリジナルぐい呑を作ってみます。
5月25日(日) 一部 10:00~12:30
二部 14:00~16:30

*第127回 あまたの会『町家で英会話cafe38』
5月31日(土) 18:00~19:30

*第129回 あまたの会『ちくちく手縫い教室』
夏に活躍!涼しいひらひらスカート?ワンピース?作り
6月26日(木) 14:00~16:00

*あまたの会番外編
「書・コトハジメ」
6月28日(土) 14:00〜16:00

第130回 あまたの会『町家で英会話cafe39』
6月28日(土) 18:00〜19:30



*第131回 あまたの会 『オーガニックコットンに触れる会』
愛知県の「本気布」さんのガラ紡実演など、環境と身体に優しい繊維のおはなし。
7月20(日)14:00~16:00

*あまたの会番外編 『書・コトハジメ』
7月26日(土)14:00〜16:00


*第132回 あまたの会『町家で英会話cafe40』
7月26日(土) 18:00〜18:30

*あまたの会番外編『書・コトハジメ』
8月30日(土) 14:00〜16:00

*第133回 あまたの会『町家で英会話cafe41』
8月30日(土) 18:00〜19:30

*五条坂陶器まつり*
8月7・8・9・10日 今年は木金土日曜日です!

*第134回 あまたの会『佐渡 坐サドの会』
佐渡の旅のご報告と郷土食と手仕事のおはなし
試食と日本酒試飲あり。定員10名様 会費¥2000(全込)
9月14日(日) 18:00〜20:00(予定)

*第135回 あまたの会『町家で英会話cafe42』
9月20日(土) 18:00〜19:30

*あまたの会番外編『書・コトハジメ』
9月27日(土)14:00〜16:00

*第136回 あまたの会『町家で英会話cafe43』
10月25日(土) 18:00〜19:30

*第137回 あまたの会『金箔貼り教室第二弾 色箔貼り教室』
10月26日(日) 14:00〜16:30
京都の箔押し職人さんから習うガラスボトルに箔貼り体験

*第138回あまたの会『町家で英会話cafe44』
11月15日(土) 18:00〜19:30

*第139回 あまたの会『銘酒会〜発酵文化の出会い〜』
「日本酒とパンと大原ド根性野菜」
11月22日(土) 18:00〜20:00ころ
ソムリエ新谷さんプロデュース恒例銘酒会

*あまたの会番外編『書・コトハジメ』
11月29日(土) 14:00〜16::00

*第140回あまたの会『歳忘れ茶会』
12月14日(日) 14:00〜16:00ころ
日々お茶を愛するSさんと和菓子職人Tさんのコラボ茶会
お道具持ち寄り大歓迎




*あまたウィンドー展示会*
(2013年度)

「浅野 哲 新作陶展 2013」
4月1日(月)〜14日(日)
あまたウィンドーを中心に
新作を展示販売。

「久木朋子 木版画展 2013」
4月24日(水)〜5月8(水)
4月28日(日)午後〜久木さんご来店です。

「川上嘉彦 木工展 〜木の彩 とりどり〜」
5月17日(金)〜31日(金)


「近藤佳寿子 作陶展」
8月1日(木)〜14日(水)
*7日(水)〜10日(土)は
五条坂陶器まつり

深見賀秀 木版画展」
10月13日(日)〜26日(土)


「東 好美 作陶展」
11月14日(木)~28日(木)

「中村文夫 耐熱陶器展」
12月11日(水)~25日(水)


*2014年*
「浅野 哲 新作陶展」
4月1日(火)~14日(月)<会期中無休>

「久木 朋子 木版画展」
4月24日(木)~5月7日(水)

「酔壺展 (グループ展示)木俣薫/樋口雅之ほか」
5月20日(火)~30日(金)

「江浦 久 天草創磁 久窯 染付作陶展」
6月1日(日)~14日(土)

「 川上 嘉彦 木工展」
6月17日(火)~30日(月)

『近藤佳寿子 作陶展』10月1日(水)~14日(火)

『東 好美 作陶展』
11月15日(土)〜29日(土)

『中村文夫 耐熱陶器展』
12月10日(水)〜24日(水)




*オススメサイト*

風水土社出版の季刊誌「チルチンびと」のHP
チルチンびと広場にて、イベント情報などご紹介頂いております。

松下幸之助創設の京都「PHP研究所」webサイトで
お料理と手作りの器を紹介するコラム「食べる普段器(ふだんぎ)」
こちらで弊店の器もご紹介頂いております。
PHPweb




ソウルの旅行情報

口コミ旅行情報サイト「トリップアドバイザー」にて『韓国にて。 2010』あまたの旅行記を掲載して頂きました。
「お役立ちリンク集」の中の「おすすめブログ」にて。


*沖縄好きな仲間の交流の広場
いちゃりばちょーでー(一度会えば皆兄弟)

「沖縄ファンサイト」






*お気にいりサイト*

山田真由子の滋賀発情報通信
バードのポタジェ便り
久木朋子の木版画
ソフトヘアカッターズ
京都いんふぉ
ほぼ日刊イトイ新聞
わくなみ工房だより清水焼窯元涌波蘇嶐さん
小石原焼 マルダイ窯

よしだあきこさんの制作日記


アート情報サイト 京都であそぼう

自家焙煎コーヒーカダナ

愛媛県で手仕事のお店かりん



ヤマザキマリ・シカゴで漫画描き

療術セラピー蘇庵

シャンブル ドゥ 若葉カーテンコーディネーター


明日のマーケティング ルディー和子

日本画家 蔵田美和「うつろいゆく季によせて」
フォロー中のブログ
最新のコメント
にしはらさん メッセー..
by mottainai-amata at 12:10
あまたさん 10周年お..
by にしはらまゆこ at 21:01
わたなべさん ご職業な..
by mottainai-amata at 14:41
「あん」しみる映画でした..
by わたなべ at 21:54
わたなべさん ご講師の..
by mottainai-amata at 14:09
あまりにも魅力的な講座、..
by わたなべ at 22:56
ご報告ありがとうございま..
by mottainai-amata at 15:00
今回はサウスホールの特設..
by わたなべ at 21:38
ロームシアターの舞台は良..
by mottainai-amata at 13:19
わたなべさん 何時..
by mottainai-amata at 13:13
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
人気のデルフト焼きとデル..
from dezire_photo &..
装飾的芸術美の頂点・光琳..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013年 08月 21日

夏の遊びの展覧会

言うまいと思えど 今日の暑さかな

連日38度の京都。
b0153663_02939.jpg

夕方の空は、雲もたなびき、鳥の飛ぶ姿も高く秋の気配なのですが。。
軒並み日中の温度は下がりません。


しばらく展覧会の話題がなかったので、夏の名残の展覧会巡り。
b0153663_0295524.jpg

b0153663_0295669.jpg

美術館「えき」KYOTO 伊勢丹内で開催中(~9/9)
『浮世絵の夏』ー納涼と花火ー
江戸時代の隅田川・四条河原の納涼の様子を浮世絵で表現している
作品など夏をテーマにした120点の展覧会。
今のようにクーラーのない時代のこと。
庶民は涼をもとめては水辺へ繰り出します。 隅田川では船を浮かべ、
花火大会を見て、お酒やご馳走で歓声が湧き上がる そんな一場面を
浮世絵作品にしたような展覧会。
あくまでも庶民的な目線は忘れておらず、各作品に登場する浴衣の柄・
手にする団扇の絵・ そぞろ歩く川岸の夜店の風景など、その時代に流行った
であろう歌舞伎役者の顔までも見えて、民俗学的に面白い資料でしょうね。

花火の表現は、放射状に放つサーチライトや粒つぶ集めた種のようだったり。
いろいろ工夫があったようです。
個人的には、明治時代までの素朴な浮世絵が色も構図も好みですね。


b0153663_23425899.jpg

b0153663_2351948.jpg

もう一つの展覧会は京都国立博物館。
養生も取れてソロソロ常設展示の新館が見え出しました。来年春openだそうです。
現在は特別展開催時しか開いていない博物館。
只今開催中の『遊び』(8/25まで)
この展覧会などは、京博が持つコレクションの夏の虫干し展のよう。
b0153663_23513711.jpg

b0153663_2352241.jpg


『遊び』というキーワードから、旧くは神々に捧げた歌や踊り、狩や宴を
意味したコトを紐解きます。
神事や祭礼としての『遊び』は、人々の楽しみを追求して催されます。
神さんと一緒に『遊ぶ』ことが、ハレとケの使い分けだったのでしょう。
神仏に捧げた舞い踊りから酒宴、子供の玩具、人形遊びまで…
多彩な遊びの姿を紹介する展覧会です。

「物見遊山」などと言いますが、山へ踏み出でたる狩やお伊勢詣でなどの
参拝旅行は、非日常を愉しむ『遊び』だったようですね。
屏風や漆に描かれた作品にもみられます。
b0153663_0154933.jpg


双六や貝合わせ、御所人形などの子供の『遊び』道具も展示されていますが、
先ほどの浮世絵の中に出てくる納涼会も、立派な大人の『遊び』
物質的に恵まれている現代人は、『遊び』の質が変わってきているようで、
ある意味『遊び』足りん!のかもしれませんね。

b0153663_013258.jpg

弊店に通ずる西門が開門するのは、来春。
まだまだ先3年後…なんて思っていたら、まもなく。
暑い、寒い、と言ってるうちに月日の経つのは早いこと。














にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
↑クリックして頂くとブログランキングにカウントされます。
応援して頂けると嬉しいです。
by mottainai-amata | 2013-08-21 00:23 | 観てみよう展覧会 | Comments(2)
2012年 02月 08日

イジス写真展ーパリに見た夢ー

         昨日までは、すこし寒さが和らいだのですが、
         今日は寒の戻り・・朝から吹雪いてました。
    
b0153663_21103832.jpg

      こんな日は、デパート内で遊ぶのもよいかも?です。

      京都駅がきれいになって、早もう15年。
      アニバーサリーの様々なイベントが、催しされています。
   
b0153663_2117174.jpg

        美術館「えき」KYOTOにて「イジス写真展」
      パリからの巡回展が、ここ京都で観られます(〜26日まで)
   
b0153663_2123762.jpg
   
   
b0153663_21233233.jpg

      リトアニア生まれのイジスIZIS(1911〜1980)は、
      20代で画家を目指してパリへ。第二次大戦勃発後、
      ナチスを逃れて南方リモージュ地方へ。そこから写真家
      として活動を開始します。1964年に発表されたシャガールの
      パリ・オペラ座の天井画制作を追った独占記事で、一躍有名に
      なります。独特の詩情でとらえた作品は、パリの風景だけでなく、     
      文筆家、芸術家など著名人のポートレイトも高い評価を得ています。
   
b0153663_2134335.jpg

      1950年代頃のパリの街が独特の視点で写しとられて。
      セーヌ川で魚釣るひとびと。雨の中街角で花を売る女性。
      遠くを見る男性の穴の空いた靴から出る指。
      近代的な建物とヒューマニズムの対比が、おもしろい作品。
      モチーフが清貧ながらも、けっして暗さを感じさせない表現は、
      作家の人柄、品性なのかもしれません。
      なんとなく、画家藤田嗣治のパリの作品を想いました。
美術館HP

     
         花よりだんご〜ショコラの魅惑
        伊勢丹10階「サロン・デユ・ショコラ」
    
b0153663_21485850.jpg

          すごい熱気でした! 
    
b0153663_21494628.jpg

          こんなのも
    
b0153663_21502394.jpg

         こんなのも、あら、チョコレート?!
        今話題の「パティシェSコヤマ」の売り場は、大盛況。
    
b0153663_21532068.jpg

    
b0153663_21524680.jpg

    
b0153663_21534633.jpg

        期間限定で、できたてのデザートが戴けます。
        行列ができておりました。
        会場は、だんご獲得の熱い戦いです。








にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
↑クリックして頂くとブログランキングにカウントされます。
応援して頂けると嬉しいです。
by mottainai-amata | 2012-02-08 19:06 | 観てみよう展覧会 | Comments(0)
2011年 04月 20日

『銅版画 南桂子展』

            美術館「えき」KYOTOにて
       『生誕100年 南桂子展』開催中(〜24日まで)  
      版画家 浜口陽三の妻であり、銅版画家である南桂子
      (1911〜2004)の回顧展です。
展覧会HP

       仏パリ〜米サンフランシスコ、1996年に帰国するまで
      約40年間海外に滞在し、制作を続けてきたその作品の
      流れがわかる展覧会。
   
b0153663_22465443.jpg

      彼女の作品は、どこかシュールで静謐で詩情豊かです。
      繊細な輪郭線や、モチーフの中を点描で描き濃淡・陰影を
      表現する独特の世界です。
      見方によると刺繍作品、アフリカンアートのような感じも
      します。淡い色使いは、少女や鳥や魚、木といった自然の
      時間の流れが切り取られたような、ノスタルジックな印象
      も受けます。
   
b0153663_23334221.jpg

      
       今日の午後、ご来店の外国人観光客男性3人。 
       イギリス・オーストラリアと居住国はいろいろ。
     オーストラリアの男性が、只今弊店で展示会中、
久木朋子さん
     木版画を気に入ってくださり、「鳥の時間〜センダイムシクイ」
     作品を「明日取りに来るのでプレゼント包装して置いて欲しい」
     とのご注文。
     「はい、わかりました。しっかり梱包しておきますね。」 
     とお受けして、ご用意致しました。

     夕方頃になり、ひょっこり男性が現れ、「取りに来たよ」
     あら、明日の予定が変わったのかな?と思いながら。。。
     「今日は、お寺観光に行ってきましたか?」と聞くと、
     「いや、展覧会を観てきました。」
     財布からパラリと「南桂子展」の半券。
         「とっても良かった!」
     あぁ、この男性は、版画技法は違うけれど鳥や木、自然を
     モチーフに制作している版画家同士、作品に共感を覚えて
     戻って来はったんやろうな〜。と感じました。
     嬉しそうにお持ち帰り頂いた久木さんの作品は、
     世代を越えて、国を越えて偶然出逢った想い出のArtと
     なるに違いありません。
     プレゼントされる方へ、たくさんのお土産話もおまけに。
     お仲人役になれた、あまたにもうれしい想い出。
       
  
       
       
       
    


にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
↑クリックして頂くとブログランキングにカウントされます。
応援して頂けると嬉しいです。
by mottainai-amata | 2011-04-20 22:38 | 観てみよう展覧会 | Comments(0)
2011年 03月 26日

『ラファエル前派からウィリアム・モリスへ』展

            美術館「えき」KYOTOにて
       『ラファエル前派からウィリアム・モリス』展開催中
       約一ヶ月もの展覧会でしたが、またギリギリの観覧に。。
         <27日(日)までです。最終日は5時閉館>

    
b0153663_187754.jpg

    
b0153663_1874457.jpg



展示会詳細はこちら


       産業革命によって急激な近代化が押し寄せる中、
       19世紀半ばのイギリスでは、手に入れた豊かさの反動、
       失われていく精神的豊かさを見直す思想が起こります。
       そんな中、青年画家たちが1848年「ラファエル前派同盟」
       を結成します。彼らが探求するのは、イタリアの巨匠画家
       ラファエロ以前の初期イタリア・ルネサンスやフランドル
       絵画の自由な表現。
       ダンテ・ガブリエル・ロセッティに感銘を受けたウィリアム・
       モリスらも集い、後の「アーツ・アンド・クラフツ運動」に
       発展していく原動となります。
      
       展示会は絵画だけでなく、タピストリー、ステンドグラス、
       工芸品などが会場に所狭しと展示されていました。
       多くの作品は、日本の明治維新(1868年)前後のものです。
       内容は違えども、同じく近代革命。

       絵画は写実表現よりもファンタジックな表現の作品が、
       多かったように思います。題材は神話やキリスト教に因んだもの   
       が目立ちます。
      (ちょっとSF小説の挿絵みたいな感じのもあったり・・)
       日本人も明治に入って洋画を学び始めますが、初期の作風は
       影響を受けて似た匂いがあるように思います。         
       

       バックが竪琴のようなデザイン、座面が縄編みになった
       繊細さと牧歌的な雰囲気で調和する「ロセッティチェア」
       私はこれが観られただけで、満足、満足。。。


   
b0153663_1856219.jpg
  
   
b0153663_185747.jpg
 
      「河井寛次郎記念館」にそのアーツ・アンド・クラフツ運動の
      流れを受けて、日本で「民藝運動」となった証拠品があります。
         遠い国での物つくりのエネルギーが昇華されて、
         新しいエネルギーを産みます。人はスバラシイ!

      
       
   
       




にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
↑クリックして頂くとブログランキングにカウントされます。
応援して頂けると嬉しいです。
by mottainai-amata | 2011-03-26 13:47 | 観てみよう展覧会 | Comments(0)
2011年 01月 14日

もっと日本文化を知ろう!の日

     オーストラリアから来られたご夫婦と京都観光案内ツアーしました。
      以前京都に住んではったパン職人の奥さんと、
     陶芸作家のオーストラリア人の 旦那さま。
   今年のオーストラリアは冷夏らしいですが、毎日30℃を越える夏日。
     ところ変われば小雪ちらつく京都の街。
     さて、どちらをご案内いたしましょうか。
 
     まずは、お正月らしく南座にて歌舞伎鑑賞。
         只今、前進座特別講演
   「切られお富 処女翫浮名横櫛(むすめごのみうきなのよこぐし)」
   
b0153663_15521963.jpg

   
b0153663_17154188.jpg

      急に決まった予定でしたが、前進座の関係者の方に券を
      手配して頂けて鑑賞することができました。             
      Kさんありがとうございました。団体客さんも多かったのに。
    
b0153663_17184913.jpg

       歌舞伎初体験のご夫婦は、回る舞台装置(ステージ)
       立ち回り(アクション)あり、華やかな踊り(ダンス)
       ありで、楽しんでもらえたようです。
       ただ気になるのは、あらすじで〜
       現代人の私たちが読んでもちょっと意識の違いを感じる、
       お富さん=女性の生き様を演じられているわけでして。
       外国人の旦那さんは、奥さんから解説してもらってはり
       ましたが・・難しいですよね。
       英語訳のパンフレットもないし、音声ガイドもないし。
       自分の恋心を証明するために小指の先を切っちゃったり。
       「波の潮持っといで!」って男に白いのが撒かれたり。
       不思議な??行動しきりですね。

       歌舞伎独特の間合いの取り方、女形の演技、舞台効果など
       久しぶりの歌舞伎でしたが楽しませて頂きました。

       
     
b0153663_1633781.jpg

      西本願寺さんの美しく修復された御影堂を拝観に。
     「親鸞聖人の御正忌報恩講」(〜16日まで)の最中でした。
     黒光りした漆・金箔に囲まれ、お厨子を囲むお荘厳といわれる
     飾りは豪華でした。ご夫婦もこんな機会に会うことはないでしょう。
         
       
     
b0153663_16225190.jpg

     
b0153663_16232722.jpg

        美術館「えき」にて公開中の展覧会(〜23日まで)
      佐賀県立九州陶磁文化館コレクション「海を渡った古伊万里展」
        東京から巡回してきた展覧会、待っていました。
      17世紀にオランダ東インド会社を通じて世界各国に輸出された
      古伊万里焼。買い戻された作品や柴田夫妻の個人コレクションの
      約150点が観られます。
      佐賀県立九州陶磁文化館では、貴重なコレクションを常設で無料拝観
      できるそうです。博物館の鑑ですね。行ってみたいです。
文化館HP
      一級品ばかりで、長い時間ゆ〜っくり観ましたが飽きません。
      外国の文化も知らず、注文のままに試行錯誤して焼いた陶工の
      苦労が伺えるワインジャグ用の水注や、ケンタウロス文の皿などは
      お腹の出た鬼が牛の身体の上に乗っているみたいだったり。
         日本はアニメーションの国だな〜と笑えました。
     
b0153663_16445038.jpg
 
           玄関口にて有田焼骨董品の販売も。

     外国人と一日ツアーしてみて、京都は観光都市といいながらも
     まだまだ外国人に不親切だと感じました。
     南座もそうでしたが、拝観する文化財や美術展覧会も内容を説明する
     英語表記は、ほとんど見あたりません。
     大勢の海外旅行者を受け入れるならば、どんな目的でここにあるのか。
     知ってもらうと文化の深みが伝わるのではないでしょうか?

    
b0153663_1659285.jpg

      〆はモチロン食文化ですが、
      「そばがき」がこんなヒットするとは! う〜〜ん、予想外。
     
        







にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
↑クリックして頂くとブログランキングにカウントされます。
応援して頂けると嬉しいです。
by mottainai-amata | 2011-01-14 18:45 | OFFのあの時あの時間 | Comments(0)